村上歯科新聞 No.37 発行☆

歯科衛生士の徳永が担当します♪
今回、表面には『村上歯科スタッフの今年の目標・抱負』について、裏面には『BBQ・青嵐大会&第九の夕べ・はじめてのホワイトニング』について、掲載しています(^^)/♪
受付に置いていますので、是非ご覧ください☆

今年も「朝日ふれあい募金」に寄付

昨年12月に「朝日ふれあい募金」に村上歯科医院スタッフ全員で寄付をしました。1月9日の朝日新聞朝刊に掲載されました。

村上歯科医院では少額ですが毎年年末「朝日ふれあい募金」に募金しています。少しでも社会のお役に立てると嬉しいです。

1月お知らせ☆彡

1月の診療日の変更をお知らせいたします(*^-^*)

1月23日(水)は休診
11月25日(土)は1日診療しています。
(9:00~13:00、14:00~18:00)

とさせていただきます。

誠に勝手ではありますが、よろしくお願いいたしますm(__)m

2019年☆彡

あけましておめでとうございますヾ(≧▽≦)ノ

昨年は、来院していただきありがとうございました。

たくさんの患者様に携われたことに、感謝いたします(*^^*)

今年も皆さんのお口の健康を守れるように”猪突猛進”ていきたいと思いますので、2019年もどうぞよろしくお願い致します!(^^)!

 

こちらは当院の患者様Kさんから頂いた、手作りの木目込み人形ですっ(*^^*)

有難いことに毎年作って頂いていますが、とてもかわいくて大人気ですヾ(≧▽≦)ノ

いつもありがとうございます♪

受付に飾らして頂いているので、皆さんも来院の際は是非ご覧になってみてくださいね( *´艸`)

年末☆休診日のお知らせ

本格的な寒さがやってきましたね(>_<)

みなさん年末の準備はすすんでいますか?(*^-^*)

村上歯科は12月28日の午前中まで診療しています☆彡

年明けは1月5日土曜日(午前中のみ)から診療しています☆彡

何かと忙しい年末ですが、平成最後のお正月、ゆっくり、じっくり過ごしましょうヾ(≧▽≦)ノ

 

ほんとに怖い「根面う蝕」②

前回は「根面う蝕」についてお話しました!(^^)!

今回は「根面う蝕」の”予防”についてお話します(^^)/

【予防は歯みがき「歯茎を下げない」こと!】

根面う蝕に限って言えば、大元の原因は「歯茎が下がる」こと。ですので一番の予防は「歯茎を下げない」ことになります。特に歯茎を下げる原因になるのが、、、みなさんご存知の「歯周病」です!

歯茎が下がるとリスクが上がる根面う蝕。。。歯周病と合わせて予防していきましょう!!!

また、根面う蝕を予防するために、高濃度フッ素配合歯磨き剤や、フッ素配合洗口剤もオススメですヾ(≧▽≦)ノ

 

【村上歯科に置いてある高濃度フッ素配合歯磨剤】

【フッ素配合洗口剤】

【薬局などに販売されているフッ素配合洗口剤】

参考文献 NICO

是非試してみてください(*^-^*)

 

 

ホントに怖い!「根面う蝕」

今回は受付の河野が担当します(*^-^*)

加齢や歯周病により歯肉(歯茎)が下がると歯の根が露出し、見かけも気になりますが、それ以上に問題なのが、歯の根の表面はとてもむし歯になりやすいということです(>_<)

噛むところの歯の表面はピカピカなのに根元がむし歯になってしまい、最終的には折れてしまうことも。。。せっかく残せていた歯を失いかねない「根面う蝕」(根面のむし歯)について、お話します!(^^)!

根面う蝕とは、歯肉(歯茎)が下がって露出した根面にできるむし歯のことです。

歯冠部はきれいなのになぜ根面だけがむし歯になってしまうのか。。それは根面の構造と組成にあります。

根面はセメント質と象牙質からできていますが、セメント質は薄いためすぐに細菌の酸で破壊させてしまいます。

そしてむきだしになった象牙質は、エナメル質より歯の成分が溶け出しやすく、そのため歯冠部は無事でも根面だけがむし歯になってしまうのです!!

根面の象牙質は約30%が有機質(コラーゲン)です。これが根面う蝕の進行が止まりにくい理由の一つです。

参考文献NICO

気付かないうちに進むこともあるので、定期検診でチェックしてもらいましょう(^^)/

ガムピーリング(歯茎のホワイトニング)

みなさん、ガムピーリング(歯茎のホワイトニング)はご存知ですか?(*^-^*)

ガムピーリングとは、喫煙や先天的な理由によりメラニンで黒ずんでいる歯茎を、きれいなピンク色の健康的な歯茎にすることです!

【治療の流れ】

1、歯茎の表面を消毒し、表面麻酔を塗布しなるべく痛みのないように行います。

2、メラニンで黒ずんでいる部分にフェノールを塗布。

3、アルコールで中和する。

すると施術の直後に歯肉の表面に白い膜が張り、2~3日でふやけた膜が徐々に剥がれはじめます。そして、1~2週間ほどで、黒ずみのないきれいなピンク色の歯茎がよみがえります。

施術後もまだ黒ずみが気になるところは、2回目を行っていきます。

【村上歯科での症例】

before

after

 

こんなに綺麗になりました(*^-^*)

気になる方はいつでもご連絡ください♪

11月お知らせ☆彡

こんにちはヾ(≧▽≦)ノ

だんだんと暖房も必要になってくるくらいの日も出てきましたね( ゚Д゚)

皆さま、かぜなどひかないようにお気をつけください!!

 

お知らせです☆彡

診療時間が変更している日があります。

11月14日(水)は休診

11月17日(土)は1日診療しています。

(9:00~13:00、14:00~18:00)

 

誠に勝手ではありますがよろしくお願いしますm(__)m

洗口液の選び方&使い方②

前回は洗口液を選ぶときのポイントをお伝えしました(*^-^*)

今回は洗口液うを使うときに気を付けて頂きたいことをお伝えします♪

★バイオフィルムを歯ブラシで壊す★

歯ブラシでバイオフィルム(プラーク)を取り除いて、洗口液の成分が作用しやすい状況をつくりましょう!!細菌は舌や粘膜にも生息しているので、歯ブラシをお口の粘膜にもやさしく当てたり、舌ブラシで舌苔をとると、さらにグッドヾ(≧▽≦)ノ

★バイオフィルムが厚くなる前に洗口液を★

歯みがきから時間がたって、バイオフィルムが厚くなる前に洗口液を使って細菌を撃退しましょう!

★20~30秒しっかりすすごう★

ラベルに掲載されているように、所定の量を口に含み、20~30秒すすぎます。

 

今回は歯周病に効く洗口液の説明をしていきましたが、むし歯になりやすい方は歯周病予防を目的としたものよりも、フッ素入り製品が適していることがあります。お口の状況は人によって異なりますので、基本的にはその人のお口に合ったものを歯科医院で選んでもらい、使い方を教えてもらうのが一番です!これから新しく洗口液を使い始める、または別の洗口液を使ってみたいという方は、是非歯科医院で相談してみてくださいねヾ(≧▽≦)ノ