ミーティング

昨日は、月に1度のミーティングの日でした(*^ω^*)

昨日は色んな確認事項を終えた後、ホワイトニングとレントゲン写真撮影の実習を行いました(^^)

村上歯科では、歯の色を測る機械があります(^ω^)

それの使い方から、実際にオフィスホワイトニング(歯科医院で行うホワイトニング)をスタッフに受けてもらいました♪

レントゲン写真撮影も実際にスタッフのお口の中を撮っていきました(*/ω\*)

実際にスタッフに患者さんの役をしてもらい体験することで、患者さんの気持ちを再確認することもできました!

改善点も見つかったので、今後の診療に反映させていきたいと思います(^^)

これからも向上心を忘れずに頑張ります(≧∀≦)

 

新しい仲間☆

今年も村上歯科に新しい仲間が加わりました(o^^o)

今年3月に歯科衛生士専門学校を卒業し、4月から村上歯科に入社しました(^O^)

歯科衛生士の『太田 美里』さんです♪

『4月から働かせて頂くことになりました。太田美里です(*^-^*)毎日学ぶことばかりで未熟な所ばかりですが、先輩の姿を見習って頑張りたいと思います!!これからよろしくお願いします(#^^#)』

ご迷惑おかけすることもあると思いますが、新たなメンバーで頑張りますので、よろしくお願い致します(*^ω^*)

禁煙による口腔内環境①

今回は歯科助手の松本が担当します(^^)/

 

歯科で治療や予防を受け始めたとき、禁煙について考える方もいるとおもいますが、喫煙が歯にどのように影響を与えるか少し紹介していきます(^ω^)

①歯周病が悪化・再発しやすい

タバコの煙に含まれる有害物質は細菌から体を守る免疫細胞や、炎症などで傷ついた組織を修復する細胞の働きの邪魔をします。その為、タバコを吸う人は歯周病菌がする悪さを止める働きが弱く歯周病になりやすいので、病気の進行が速く重症化しやすいのです。治療後の治りが遅く、再発リスクも高くなります。

②むし歯になりやすい

むし歯菌も歯周病菌と同様にタバコの有害物質によって鍛えられ、パワーアップします。強くなったむし歯菌はネバネバ度の高いプラークを作って歯にくっつき、その中に隠れます。そして糖を旺盛に食べて酸をたくさん出します。この酸は、有害物質の刺激で丈夫になったプラークの外膜によって逃がさず溜め込まれます。こうして高濃度になった酸が歯を溶かし、むし歯ができやすくなっていまうのです。

③外科治療後の回復が遅い

細菌から体を守る免疫細胞や炎症などで傷ついた組織を修復する細胞の邪魔をするタバコは、外科治療後の回復の妨げになります。手術後の傷がふさがるのが遅くばい菌に感染するリスクが増えてしまうのです。

EPSON MFP image
EPSON MFP image

参考文献NICO

このようにタバコは、歯や歯茎にとっても悪い影響があります(>_<)

特に歯周病には”最大のリスク”といわれている程です!

この機会に禁煙をされてみてはいかがですか?(*^^*)

 

何か分からないことがあれば、スタッフまでお尋ねください!(^^)!

 

 

やわらかレシピ『作ってみました』NO.1

『やわらかレシピ』とは、むし歯の治療中、入れ歯の調整中、矯正治療中まどで一時的に噛みにくい患者さんや口内炎や外科処置後で食べにくい患者さんにもおいしく召し上がっていただけるレシピです!(^^)!

クインテッセンス社のNICOに掲載されているので実際に作ってみました(*^-^*)是非参考にしてみてください♪

今回は『ブイヤベース鍋』を、歯科衛生士の日髙が作りました(^^)

 

 

☆材料☆(2人分)

・白身魚…1切れ

・むきえび…100g

・はんぺん…1/4枚

・酒…大さじ1/2

・片栗粉…大さじ1/2

・たまねぎ…1/4個

・にんじん…1/2個

・ブロッコリー…40g

(スープ)

・セロリ…1/8本

・にんにく…適宜

・オリーブ油…大さじ1

・サフラン…小さじ1/4

・白ワイン…大さじ1

・トマト…1/2個

・水…4カップ

・塩…小さじ1/2

・こしょう…少々

・ローリエ…1枚

☆作り方☆

①サフランを白ワインにつけておく。セロリは薄切り、トマトはざく切りにしておく。

②鍋にオリーブ油をひき、にんにくを弱火で炒め香りをだす。さらにセロリを加え、しんなりしてきたら、サフランと白ワイン、トマトを加え一煮立ちさせる。水とローリエを加え、中火で約15分煮る。ストレイナーでこし、残った野菜を絞り、スープとする。

③たまねぎは薄切り、にんじんは皮むき器などを使って、長さ10㎝、幅1㎝程度の薄切りにする。ブロッコリーは小房にわけ、硬めに茹でる。

④むきえびと2㎝大にちぎったはんぺん、酒、片栗粉を合わせて、粘りがでるまでフードプロセッサーにかける。エビの身が残っていてもよい。白身魚は3㎝幅に切り分ける。

⑤スープを火にかけ、塩、こしょうで調味する。④を2㎝大に丸めたえび団子、白身魚、たまねぎ、にんじん、ブロッコリーを加え、火を通す。

 

 

是非作ってみてください(*^▽^*)

3DS治療の流れとは?

さて、3DS治療の流れとはどんなものでしょうか?順を追って説明させて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1回目:まずはお口の中の細菌の種類やそのバランスなどを調べるために【細菌検査】をします。細菌検査は専門機関に依頼しますので、高精度の結果が得られます。(唾液を調べるだけなので痛みは全くありません)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2回目:結果を精査し、3DSが必要と判定されれば治療開始となります。

マウスピースを作るために型どりをします。(約1週間程でマウスピースが出来上がります。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3回目:PMTC(歯科衛生士による機械的なクリーニング)ののち、実際にマウスピースに薬剤を入れて装着します。

※PMTC直後なのでピカピカつるつるの歯質に直接薬剤が作用します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そのご、ご自宅にて歯みがきの後に10分程度マウスピースを装着するサイクルを、一週間続けて頂きます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4回目:更に念押しでPMTCを行い、直後にマウスピースを装着し、薬液を浸透させ3DS治療の終了となります。

(もちろん、終了後マウスピースは差し上げますのでその後もご自宅でお使いいただけます。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どうでしたか?意外と簡単にできるんですね。むし歯にも歯周病にも効果があり更に歯質強化までしてくれる。まさに画期的な治療法です。

ただし、毎日の徹底した歯みがきあっての3DSであることをお忘れなく。毎日のセルフケアに勝る治療はありません(^^)/

ホームページの『3DS除菌システム』というページにも詳しく解説してありますので一度ご覧になってください。

春休みの定期検診☆

 

3月も終盤になり、かなり暖かくなってきましたね(*^-^*)

お子さんの定期検診にはもう行かれましたか?☆

 

春休みは少し短いですが、新しい学年に上がる前に、一度お口の中をチェックされることをおすすめします(^^♪

また、入学前検診でむし歯があると言われたお子さんも、比較的時間が取りやすい春休みのうちに、ぜひ治療をしておきましょうね(^^)/

TVでも取り上げられています!

今回は歯科医師の村上大基が担当致します!

最近、患者様に「3DSをやりたいんですが。」「3DSって何ですか?」と声を掛けて頂くことが増えたように感じます。わざわざ遠くからHPを頼りに来院された方もいらっしゃいました。メディアにも取り上げられて、認知度が上昇しているようなので、少し解説させて頂きます。

3DSとは端的に言うと{マウスピースに薬品を入れて装着することで薬の効果を高濃度で長時間、ダイレクトに作用させる方法}です。使用する薬剤の種類によってその作用は異なりますが、主な効果をご紹介いたします。

 

1.歯周病菌やむし歯菌を殺菌する

2.知覚過敏を抑制する

3.歯質を強化する

4.口臭の予防

5.歯垢、歯石の沈着防止

…と、様々な効果があります。3DSはお口の中の環境を改善する強い味方なんですね。

興味のある方はお気軽にスタッフまで(^_-)-☆

3月☆

3月になり、だいぶ気温も上がってきて過ごしやすくなってきましたねヾ(≧▽≦)ノ

3月の診療時間のお知らせです!(^^)!

今週の3月14日の水曜日は休診致します。

代わりに3月17日の土曜日は1日診療しております。

(9:00~13:00、14:00~18:00)

よろしくお願いします(o^^o)

 

妊娠期の歯科治療について☆~レントゲン写真~

今回から数回にわたり、妊娠期の歯科治療についてお伝えしたいと思います☆歯科衛生士の徳永が担当します(^^)

 

*歯科でのレントゲン写真の胎児への影響

日本で生活していて自然に浴びる放射線の量は、年間1.4mSvと言われています!これは歯科治療の時に撮影する小さいレントゲン写真、デンタルX線写真150枚分にあたります。また、撮影の際は防護エプロンを着用します。歯科のレントゲン写真は腹部からも離れているため、問題はないと思われますが、撮影は必要最小限にとどめたほうが良いと思われます(^_-)-☆

 

妊娠中の方の治療・相談も行っております!

お気軽にスタッフに声を掛けてくださいね(*´ω`*)

飲食物で歯が溶ける!?②

  1. 前回は酸蝕歯について説明をしました。では酸蝕から歯を守るにはどうしたらいいのでしょうか!

コツをいくつかご紹介ししたいと思います!

*チビチビ飲みに注意!炭酸飲料は飲み干して!

夏の暑い時期や、ジムでの運動の際、酸性度の強いスポーツドリンクや炭酸飲料ばかりこまめに飲み続けていると酸蝕症の原因に(>_<)特に口の中が乾く運動中は歯を守る唾液の力に期待できないため、酸性度の強い飲み物に要注意です!水やお茶でも口と喉を潤しながらするといいでしょう。またペットボトルでの持ち歩きの際にも注意が必要です。

*ストローをつかって飲みましょう!

「いくら歯に悪いからといって、体に良い黒酢をやめられない!」という方もいますよね。そういう方は酸が直接歯に触れにくいようにストローを使って飲みましょう!また、夜寝ている間は唾液ぐでにくく、酸の影響を受けやすいため、夜寝る前に飲んでいる方は、日中に変えるのも効果的です(^^)

*哺乳瓶でジュース。酸蝕歯の原因に!

日常的に哺乳瓶やマグでジュースを飲ませていると、前歯の裏が集中的に酸蝕してしまいます。また、酸性飲料を哺乳瓶で与えたまま寝かせる習慣は厳禁です!大人だけでなく子供も注意は必要です!

 

EPSON MFP image

おいしくて、健康にも美容にもよく、気分転換にも欠かせないすっぱい飲食物。過剰な摂取は控えていただきたいですが、ちょっとした工夫をすることで、歯への影響を減らすことができます(≧∇≦)ぜひ実践してみてください!

参考文献nico