『唾液』のチカラ

こんにちは(o^^o)今回は歯科助手の松本が担当します。
当たり前のように私たちのお口に存在する『唾液』
唾液には様々な役割があり、お口だけでなく全身の健康にも欠かせません。
唾液の正体とは。。。?
《POINT①》血液からつくられる!
唾液の元々は『血液』です。
水分を摂取すると骨髄で血液がつくられ、その血液が唾液腺にて唾液へとつくり変えられます。
《POINT②》健康な成人で1日約1〜1.5リットルつくられる
1日のうちでも唾液の出る量は変化しており、特に就寝時に低下します。
ちなみに唾液の分泌量は加齢と共に低下する傾向があります。
《POINT③》唾液腺でつくられる
耳下腺•顎下腺•舌下腺の3つが『3大唾液腺』と呼ばれ、たくさんの唾液をつくりだします。
 
《POINT④》多くの成分が入ってます
唾液の99%以上は水で、残りの1%に様々な成分が含まれています。
 
具体的にどのような事をしてくれてるのか、お口とからだへの『唾液のはたらき』をご紹介します
 
(参考文献:nico2021.6月号)

フッ素濃度約50倍!虫歯の進行抑制薬「サホライド」

歯科医師の村上が担当します。

今回のテーマであるサホライドは1970年頃から使われている日本生まれの製品です。その成分である「フッ化ジアンミン銀」はフッ素と銀、そのつなぎとしてのアンモニアからなります。

フッ素は歯の修復を促し、歯の結晶を強くする作用があり、サホライドは通常の歯磨き粉の約50倍のフッ素濃度を誇ります。

さらに、もう一方の成分である銀”ですが、きわめて殺菌・抗菌作用が強く、その作用は虫歯菌に対しても非常に有効です。

サホライドを塗布した虫歯部分はフッ素と銀を取り込み、虫歯菌を攻撃・繁殖を抑制し、さらに歯質も強化されます。歯を削らない治療になるため近年アメリカや子供の虫歯に困っている諸外国でも再注目されているようです。

しかしサホライドを塗布すると効果と同時に虫歯部分は黒く変色するため日本では基本的に大人の歯には使用しませんが、現在では乳歯や高齢の方の根元の虫歯・器具が届かない箇所のむし歯などに対して使用されています。虫歯部分のみ黒くなるのでご自身や保護者の方がここに虫歯(=磨き残し)があったんだと気付けるといったメリットにもつながります。

今後ますます高齢化が進む日本においても、サホライドはみなさんの健康を支え続けてくれることでしょう。

 

(参照:nico 2020年9月号)

9月診療日変更のお知らせ☆彡

9月の診療日の変更をお知らせいたします(*^-^*)

9月18日(土)・25日(土)は1日診療(9:00~13:00、14:00~18:00)

9月21日(火)・22日(水)は休診

とさせていただきます。

誠に勝手ではありますが、よろしくお願いいたしますm(__)m

村上歯科新聞No.45発行☆彡

表面は「改装工事・新しいスタッフ・講習会参加」について

裏面は「見逃すな!お口の老化のサイン」

について掲載しています(^^)/☆

 

受付に置いております♪ぜひ手に取られてくださいね(*^_^*)

♪患者様からの頂き物♪

今回も患者様からカメの頂き物をしました^_^

いつもありがとうございます。

細かいところまで再現されていて、ずっと見てられるようなカメさん。

首が伸びる仕掛けになっています!!!!!

村上歯科に来院された際は、実物を見ていってください(❁´◡`❁)

8月診療日変更のお知らせ☆彡

8月の診療日の変更をお知らせいたします(*^-^*)
8月28日(土)は1日診療(9:00~13:00、14:00~18:00)
8月25日(水)は休診
とさせていただきます。

また12日~15日はお盆休みになります。

誠に勝手ではありますが、よろしくお願いいたしますm(__)m

親知らずについて②

前回の投稿 ”親知らずについて①” では、親知らずを置いておくと起こること、

早く抜いたほうがいい理由についてご説明しました。

今回は、どんなふうに抜いて、治っていくのかについてお伝えしていきます!

 

よくある質問として

”親知らずの抜歯は腫れたりするっていいますよね?”

“どうしてほかの歯に比べて大変なのでしょう?”

というもの。

 

それは、骨の中に埋まっている部分が多いので、あごの骨を削って頭を出し抜かなければならないからです。その点が、ほかの抜歯とは決定的に違うところです。

小さな手術を受けるのだと思っていただくとよいかもしれません。

 

 

抜歯後は血が溜まり、固まって、むき出しの骨を守ります。穴の上が粘膜でふさがり、下からは新しい骨ができていきます。

 

 

また、親知らずの根っこが、太い下歯槽神経に接している場合は、CT画像で3次元的に確認する必要があります。

 

お薬を服用中の方は、事前に確認もしておきましょうね(^^)/♪

 

ご自身の親知らずがどのようにあるのかご存じですか?

歯科医院で確認して、抜歯が必要かどうかぜひ相談されてみてくださいね(^^♪

 

(参照:nico 2021年1月号)

親知らずについて

 

こんにちは(^^)/

今回は歯科衛生士の徳永が担当します!

 

”抜いたほうがいいですよ”と勧められた親知らず、お口のなかにありませんか?

問題のある親知らずは、ただ炎症を起こすだけでなく、手前の歯を失う原因にもなってしまうんです。知ると知らないとでは大違い!

ぜひ最後までお読みください♪

 

お口のなかで何が起きている?!

 

・歯ぐきの炎症

プラークや食べかすが溜まり歯ぐきに炎症が。放置すると頬や首の腫れ、発熱などを起こしてしまうことも。

 

・噛み合わせが悪化

親知らずに押されて手前の歯が倒れ、上の歯とうまく嚙み合わなくなって食事などの日常生活に支障が出てしまいます。

 

・歯周病

溜まったプラークが炎症を起こし、歯を支える骨が溶けて失われます。知らないうちに進行し治療が手遅れになると、親知らずと一緒に手前の歯も抜歯になってしまうことも!

 

・むし歯

隣の歯とのあいだの歯ブラシで掃除できないところにプラークが溜まりやすいため、親知らずだけでなく、手前の歯までむし歯に!

 

・のう胞ができる

のう胞(膿の袋)が痛みのないまま大きくなることが。あごの骨を空洞にし、手前の歯の根っこも溶かしてしまいます。

 

問題のある親知らずはトラブルの温床。

 

歯ぐきが腫れてうずくだけではありません(;_:)

一生使う大事な奥歯を守るために、放置しないで抜きましょう☆彡

(参照:nico 2021年1月号)

 

7月診療日変更のお知らせ☆彡

7月の診療日の変更をお知らせいたします(*^-^*)

7月17日(土)は1日診療(9:00~13:00、14:00~18:00)

7月21日(水)は休診

とさせていただきます。

誠に勝手ではありますが、よろしくお願いいたしますm(__)m

歯を守るため、禁煙を!②

前回は「喫煙」によるお口に起こる問題をお伝えしました。
今回は「受動喫煙」によるお口の問題についてお伝えしようと思います(*^^*)

『受動喫煙』している子供は、虫歯が二倍に!!!!
最近の研究でタバコを吸うお子さん家庭のお子さんに
虫歯が多いことがわかってきました。
また歯周病のリスクも増すと考えられています。
実際に虫歯になるリスクがデータとして

母親が喫煙している場合 2,3倍
父親が喫煙している場合 1,5倍 という結果でした。

 

母親の喫煙の影響のほうが大きいのは子供と接する時間が長い傾向があること
そして母乳などを通じてタバコの有害物質が
子供に運ばれたことが考えられます。

なぜタバコを吸う家庭の子供に虫歯が多いのか。。。
その理由はいくつか指摘できると思います!

親のお口のなかにタバコの刺激で悪玉化した虫歯菌が住んでいて
その凶暴化した菌が子供に移ってしまったこと。

受動喫煙によって子供の免疫力が下がり、
早期に虫歯菌に感染してしまったこと、などが考えられます。

また虫歯だけでなく歯肉にも影響が及びます。
受動喫煙によって歯肉に黒く色素沈着が起こる場合も。。。。

自分のお口を守ることはもちろん
家族のお口を守るためにもぜひ禁煙を(^^)/☆

 

参考文献「nico」