親知らずについて②

前回の投稿 ”親知らずについて①” では、親知らずを置いておくと起こること、

早く抜いたほうがいい理由についてご説明しました。

今回は、どんなふうに抜いて、治っていくのかについてお伝えしていきます!

 

よくある質問として

”親知らずの抜歯は腫れたりするっていいますよね?”

“どうしてほかの歯に比べて大変なのでしょう?”

というもの。

 

それは、骨の中に埋まっている部分が多いので、あごの骨を削って頭を出し抜かなければならないからです。その点が、ほかの抜歯とは決定的に違うところです。

小さな手術を受けるのだと思っていただくとよいかもしれません。

 

 

抜歯後は血が溜まり、固まって、むき出しの骨を守ります。穴の上が粘膜でふさがり、下からは新しい骨ができていきます。

 

 

また、親知らずの根っこが、太い下歯槽神経に接している場合は、CT画像で3次元的に確認する必要があります。

 

お薬を服用中の方は、事前に確認もしておきましょうね(^^)/♪

 

ご自身の親知らずがどのようにあるのかご存じですか?

歯科医院で確認して、抜歯が必要かどうかぜひ相談されてみてくださいね(^^♪

 

(参照:nico 2021年1月号)

親知らずについて

 

こんにちは(^^)/

今回は歯科衛生士の徳永が担当します!

 

”抜いたほうがいいですよ”と勧められた親知らず、お口のなかにありませんか?

問題のある親知らずは、ただ炎症を起こすだけでなく、手前の歯を失う原因にもなってしまうんです。知ると知らないとでは大違い!

ぜひ最後までお読みください♪

 

お口のなかで何が起きている?!

 

・歯ぐきの炎症

プラークや食べかすが溜まり歯ぐきに炎症が。放置すると頬や首の腫れ、発熱などを起こしてしまうことも。

 

・噛み合わせが悪化

親知らずに押されて手前の歯が倒れ、上の歯とうまく嚙み合わなくなって食事などの日常生活に支障が出てしまいます。

 

・歯周病

溜まったプラークが炎症を起こし、歯を支える骨が溶けて失われます。知らないうちに進行し治療が手遅れになると、親知らずと一緒に手前の歯も抜歯になってしまうことも!

 

・むし歯

隣の歯とのあいだの歯ブラシで掃除できないところにプラークが溜まりやすいため、親知らずだけでなく、手前の歯までむし歯に!

 

・のう胞ができる

のう胞(膿の袋)が痛みのないまま大きくなることが。あごの骨を空洞にし、手前の歯の根っこも溶かしてしまいます。

 

問題のある親知らずはトラブルの温床。

 

歯ぐきが腫れてうずくだけではありません(;_:)

一生使う大事な奥歯を守るために、放置しないで抜きましょう☆彡

(参照:nico 2021年1月号)

 

7月診療日変更のお知らせ☆彡

7月の診療日の変更をお知らせいたします(*^-^*)

7月17日(土)は1日診療(9:00~13:00、14:00~18:00)

7月21日(水)は休診

とさせていただきます。

誠に勝手ではありますが、よろしくお願いいたしますm(__)m

歯を守るため、禁煙を!②

前回は「喫煙」によるお口に起こる問題をお伝えしました。
今回は「受動喫煙」によるお口の問題についてお伝えしようと思います(*^^*)

『受動喫煙』している子供は、虫歯が二倍に!!!!
最近の研究でタバコを吸うお子さん家庭のお子さんに
虫歯が多いことがわかってきました。
また歯周病のリスクも増すと考えられています。
実際に虫歯になるリスクがデータとして

母親が喫煙している場合 2,3倍
父親が喫煙している場合 1,5倍 という結果でした。

 

母親の喫煙の影響のほうが大きいのは子供と接する時間が長い傾向があること
そして母乳などを通じてタバコの有害物質が
子供に運ばれたことが考えられます。

なぜタバコを吸う家庭の子供に虫歯が多いのか。。。
その理由はいくつか指摘できると思います!

親のお口のなかにタバコの刺激で悪玉化した虫歯菌が住んでいて
その凶暴化した菌が子供に移ってしまったこと。

受動喫煙によって子供の免疫力が下がり、
早期に虫歯菌に感染してしまったこと、などが考えられます。

また虫歯だけでなく歯肉にも影響が及びます。
受動喫煙によって歯肉に黒く色素沈着が起こる場合も。。。。

自分のお口を守ることはもちろん
家族のお口を守るためにもぜひ禁煙を(^^)/☆

 

参考文献「nico」

 
  

 

歯を守るため、禁煙を!

今回は、歯科衛生士の尾田が担当します。

タバコとお口の関係といったら、なんとな〜く歯の着色といった
イメージがありますよね!

実はタバコがお口にもたらす影響はそれだけではないんです。。。
歯周病や虫歯にも大きく関係しています(T_T)

最近の研究で、タバコの有害物質の刺激が
歯周病菌や虫歯菌を鍛え上げて、病原性を強くすることが分かってきました。
歯周病菌は強力な毒素で歯肉や歯槽骨を壊します。

虫歯菌はベタベタのプラークに丈夫な膜を張って
その中にジャンジャン酸を溜めて大暴れ\(◎o◎)/!

他にも抜歯後のキズが治りにくかったり
インプラントがくっつきにくかったり
舌にある味覚センサーが働きにくくなり味がわかりにくかったり などなど

 

そのいっぽうで治療中にタバコをやめると、
とたんにパワーダウンすることも確認されています。

治療や予防の効果を上げ成功させるための課題は『禁煙』です!
パワーアップした細菌からお口を守りましょう(*^^*)

 

参考文献「nico」

患者様からの頂き物^_^

 

いつもユニークなアイデア満載の手作りの頂き物をしました。

カエルが…

「バーッと」顔を出す仕掛けになっています!!!!

とっても可愛いくて子供たちに人気間違い無しです^_^

 

いつもありがとうございます!!

 

 

新しいスタッフの紹介(^^)/

こんにちは!暑い日が増えてきて夏が近づいてきましたね^_^

村上歯科医院に6月から新しく歯科医師の中川茉莉先生が加わりました。

歯科医師:中川茉莉先生

『こんにちは!6月より入社した中川です(^^)5月まで福岡市の病院で勤務しておりました。大学が小倉だったので小倉生活再スタートです!患者様に笑顔で通っていただけるようこれまでの経験を活かしながら丁寧な治療を心がけてまいります!(^^)!どうぞよろしくお願い致します(^^♪』

スタッフ一同切磋琢磨して参りますので、よろしくお願い致します!!

 

 

6月4日~6月10日は歯と口の健康週間!

6月4日~6月10日は歯と口の健康週間です。

「お口」から全身を健やかに、また丁寧なオーラルケアで自分と家族の

健康を守りましょう(❁´◡`❁)

 

口内には体を守る働きをする良い細菌と歯周病菌のような悪い細菌が

存在します。歯磨きをおろそかにすれば悪い細菌が増え、

それが全身の健康のバランスを崩すことにつながるのです。

口内には外敵の侵入をふせごうとする抗体があり、細菌やウイルスと

戦っていますが、悪い細菌が増えて敵が多くなると、外敵のウイルスから

防御しきれなくなります。悪い細菌は体の免疫を低下させてしまうなど

ということが起こります。

だからこそ口腔健康管理は大切です。

セルフケア・歯科での定期的なメインテナンスでウイルス感染の

水際対策をしましょう。

 

<歯垢除去は歯磨きの基本>

歯垢(プラーク)は、歯の表面や歯と歯の間など に付着してお口のトラブルを

引き起こす生きた細菌の塊です。細菌は、歯を溶かす酸や 病原性物質を

つくり、むし歯や歯周病などお口の 病気の原因となるため、

これを除去することが大切です。歯垢は適切な歯みがきで

効果的に取り除けます。特に「歯と歯の間」や「奥歯の奥」

「奥歯のかみ合わせの面」や「歯と歯ぐきの境目」などは歯垢が残りやすいので

念入りにみがきましょう。

 

歯と口の健康週間に

いつもよりちょっとだけオーラルケア

頑張ってみませんか(●’◡’●)?

参照:日本歯科医師会HP

6月診療日変更のお知らせ☆彡

6月の診療日の変更をお知らせいたします(*^-^*)

6月12日(土)は1日診療(9:00~13:00、14:00~18:00)

月17日(木)ワクチン接種の関係で休診

6月30(水)は休診

とさせていただきます。

誠に勝手ではありますが、よろしくお願いいたしますm(__)m

電動歯ブラシ体験できます☆彡

当院では電動歯ブラシ【 GC プリニアスマイル 】を導入しております♪

 

歯磨きが苦手な方

高齢で磨き残しが多い方

短時間できれいに磨きたい方

着色がつきやすい方

特におすすめです!

 

受付にデモ機置いています☆彡

 

電動歯ブラシは手磨きのみよりも、汚れを多く落とすことができます!

細かい部分は手磨きを併用していただくことをおすすめしておりますが、

併用することで、より清潔にできます!(^^)!

 

替えブラシ(500円)のご購入で、体験もできるので、

お気軽にスタッフまでお声がけください(^^♪