TVでも取り上げられています!

今回は歯科医師の村上大基が担当致します!

最近、患者様に「3DSをやりたいんですが。」「3DSって何ですか?」と声を掛けて頂くことが増えたように感じます。わざわざ遠くからHPを頼りに来院された方もいらっしゃいました。メディアにも取り上げられて、認知度が上昇しているようなので、少し解説させて頂きます。

3DSとは端的に言うと{マウスピースに薬品を入れて装着することで薬の効果を高濃度で長時間、ダイレクトに作用させる方法}です。使用する薬剤の種類によってその作用は異なりますが、主な効果をご紹介いたします。

 

1.歯周病菌やむし歯菌を殺菌する

2.知覚過敏を抑制する

3.歯質を強化する

4.口臭の予防

5.歯垢、歯石の沈着防止

…と、様々な効果があります。3DSはお口の中の環境を改善する強い味方なんですね。

興味のある方はお気軽にスタッフまで(^_-)-☆

3月☆

3月になり、だいぶ気温も上がってきて過ごしやすくなってきましたねヾ(≧▽≦)ノ

3月の診療時間のお知らせです!(^^)!

今週の3月14日の水曜日は休診致します。

代わりに3月17日の土曜日は1日診療しております。

(9:00~13:00、14:00~18:00)

よろしくお願いします(o^^o)

 

妊娠期の歯科治療について☆~レントゲン写真~

今回から数回にわたり、妊娠期の歯科治療についてお伝えしたいと思います☆歯科衛生士の徳永が担当します(^^)

 

*歯科でのレントゲン写真の胎児への影響

日本で生活していて自然に浴びる放射線の量は、年間1.4mSvと言われています!これは歯科治療の時に撮影する小さいレントゲン写真、デンタルX線写真150枚分にあたります。また、撮影の際は防護エプロンを着用します。歯科のレントゲン写真は腹部からも離れているため、問題はないと思われますが、撮影は必要最小限にとどめたほうが良いと思われます(^_-)-☆

 

妊娠中の方の治療・相談も行っております!

お気軽にスタッフに声を掛けてくださいね(*´ω`*)

飲食物で歯が溶ける!?②

  1. 前回は酸蝕歯について説明をしました。では酸蝕から歯を守るにはどうしたらいいのでしょうか!

コツをいくつかご紹介ししたいと思います!

*チビチビ飲みに注意!炭酸飲料は飲み干して!

夏の暑い時期や、ジムでの運動の際、酸性度の強いスポーツドリンクや炭酸飲料ばかりこまめに飲み続けていると酸蝕症の原因に(>_<)特に口の中が乾く運動中は歯を守る唾液の力に期待できないため、酸性度の強い飲み物に要注意です!水やお茶でも口と喉を潤しながらするといいでしょう。またペットボトルでの持ち歩きの際にも注意が必要です。

*ストローをつかって飲みましょう!

「いくら歯に悪いからといって、体に良い黒酢をやめられない!」という方もいますよね。そういう方は酸が直接歯に触れにくいようにストローを使って飲みましょう!また、夜寝ている間は唾液ぐでにくく、酸の影響を受けやすいため、夜寝る前に飲んでいる方は、日中に変えるのも効果的です(^^)

*哺乳瓶でジュース。酸蝕歯の原因に!

日常的に哺乳瓶やマグでジュースを飲ませていると、前歯の裏が集中的に酸蝕してしまいます。また、酸性飲料を哺乳瓶で与えたまま寝かせる習慣は厳禁です!大人だけでなく子供も注意は必要です!

 

EPSON MFP image

おいしくて、健康にも美容にもよく、気分転換にも欠かせないすっぱい飲食物。過剰な摂取は控えていただきたいですが、ちょっとした工夫をすることで、歯への影響を減らすことができます(≧∇≦)ぜひ実践してみてください!

参考文献nico

飲食物で歯が溶ける!?①

今回は歯科衛生士の徳永が担当します(^^)

 

レモンやポン酢、そして酢「使ったドレッシングは食卓には欠かせませんよね?

お酢は柑橘類を使ったカクテルが好まれ、さらに健康志向の高まりとともに、黒酢や柑橘類を好む方も増えています。

私たちの食生活の中で、酸の入っているものは欠かせませんよね?しかし摂り方によってはそれらの飲食物で歯が溶けることがあるのです(>_<)

 

*歯の酸蝕ってなんのこと?

歯は酸に弱く、酸性度の強い(すっぱい)飲食物に長く触れるほど溶けてしまいます。この現象を「歯の酸蝕」と呼んでいます。

 

*酸蝕は生活習慣病!

酸性度の強い飲食物を摂る習慣があり、しかもだらだらチビチビと摂る癖のある人ほど、歯に酸が触れる時間が長く、エナメル質が薄くなってしまいます。さらに溶けると象牙質が剥き出しになり、歯がもろくなって欠けたり、歯がしみたり、ついには歯の内部にばい菌が入って神経に炎症が起きるなど、深刻なトラブルに発展することもあります(/_;)

EPSON MFP image

 

参考文献 NICO

 

インスタグラムを始めました(^_-)-☆

是非覗いてみてください♪

https://www.instagram.com/murakami_dc

☆2月☆

今年に入ってもう1ヶ月がたちましたね( *´艸`)

寒い日が続いていますが、みなさん体調は崩されていませんか?

インフルエンザも流行っているので気を付けてくださいね!(^^)!

こちらの花は毎週、お花屋さんに持ってきて頂いています(o^^o)

今週はコデマリ、ガーベラ、バラ、スイートピーです♪

とっても可愛いですよね!スタッフも毎週癒されています(≧∇≦)

 

お知らせです(^^)/

2月は17日の土曜日は1日診療(9時〜18時)を行っています。

その分、21日の水曜日は休診いたします。

よろしくお願いします(^^)

 

 

『赤ちゃんの歯を守ろう』②

前回は赤ちゃんのお口を守るには、歯が生える前にお父さん、お母さんのお口を綺麗にしましょう。というお話しをしました(#^.^#)

今回は歯が生えたあとのムシバ予防のお話しをしていきたいと思います!

お子さんのムシバ予防で1番大切なのは『食生活』です!!!
極端な話しですが、「ブラッシングしなくても食生活さえしっかりすれば子供のムシバは防げる」という内容の本も出版されているくらいです(`・ω・´)

もちろんブラッシングもとても大切です。

甘い物は全く食べてはいけないわけではありませんが、重要になってくるのは食べ方です。
何か糖分を取ると口の中が酸性になりムシバになりやすい環境になります。
唾液の力でまた元に戻りますが、「こまめにジュースを飲んだり、飴玉が常に口の中にあったり、おかしを分けて食べる」など
甘い物ものが口に入る時間が増えると酸性になった後も元には戻らずムシバになりやすい環境が続きます。
甘い物を食べる時は食後やおやつの時間など、時間を決めてまとめて食べて間食を減らすことをオススメします(*^-^*)

他にも予防として
フッ素で歯を強くしたり
キシリトールでムシバ菌を減らしたり
などとても効果的です♪

EPSON MFP image

『赤ちゃんの歯を守ろう』①

今回は歯科衛生士の尾田が担当します(*^-^*)

生まれたての赤ちゃんはムシバ菌を全くもっていません。
では、どこからムシバ菌がやってくるのか知っていますか?

ムシバ菌は唾液を介して周りの人から感染します。
ムシバ菌は歯に定着して活動する細菌なので、生まれたての赤ちゃんのような歯が生えていないお口では侵入しても感染はしません。

しかし赤ちゃんに歯が生えてくると感染し、ムシバにつながります(>_<)
感染源は約75%母親、約15%父親、約10%が祖母や保育所などと言われています。
ムシバ菌はとてもポピュラーな常在菌で感染しないで済む事はほぼありません。

しかしどのような菌に感染し定着するのかで、赤ちゃんのお口を守れるかがかわってきます!!

例えば
『ムシバがなくメンテナンスを受けていて、活動が落ちついているムシバ菌を少量』か
『ムシバがたくさんあり、清掃状態が不良でムシバ菌が活発な菌を多量』か
どちらが感染するのかで将来ムシバになりやすかったり、そうでなかったりするのです!

じゃあ、どうすればいいのか。
スプーンを別々にしたり、口移しをしなかっり…など大変効果的です。。。

が!!元々の細菌の質を良質にすることが大切になってきます!
ご両親の口腔ケアです!
感染源であるお父さん、お母さんの口腔状態を改善し健康的なお口を保つことで赤ちゃんのムシバ予防へと繋がってきます!(^^)

赤ちゃんに初めての歯が生える前、あるいは妊娠中の時からでもムシバの治療を行いメンテナンスを受けてみましょう!
また唾液検査をすることで細菌の数が分かります(^^)/

ぜひお試しください♪

EPSON MFP image

参考文献 NICO

 

村上歯科新聞 No.34 発行!

 

今回、表面には『100キロウォーク・インプラントスペシャリスト認定・青嵐大会・入社したスタッフの紹介』について、裏面には『荒井先生、原田さん退職・前田先生開業・和彦院長学会で発表』について、掲載しています( ^ω^ )☆☆

是非ご覧ください♪これからも村上歯科医院をよろしくお願い致します(*^^)v

「朝日ふれあい募金」に寄付 2017⭐️

皆様、あけましておめでとうございます。

本年も村上歯科医院をどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨年の年末にホームページをリニューアルしましたのでニュースの更新が滞ってしまいました。申し訳ありませんでした。まだ慣れないため更新がおぼつかない状態ですが、少しずつアップしていきたいと思いますので、どうぞお付き合いください。

今年最初のニュースは昨年の12月に「朝日ふれあい募金」にスタッフ全員で寄付をしたニュースです。12月26日の朝刊に掲載されました。

村上歯科医院では約10年ほど前より毎年スタッフ全員で寄付を続けています。本当に少額ですが少しでも社会のお役に立てれば嬉しく思います。

今年が皆さんにとって良い年になりますように願っています。

今年も皆様のご来院をお待ちしています。